巨勢小学校のT君が編み出したスゴ技 勉強法!

子どもの侍

少しめんどくさがり屋だった T君

佐賀市立 巨勢小学校2年のT君。教室に入ってくると、教室がパッと明るくなるほどの元気な子です。
早くお友達と遊びたくて、とにかく学研教室の勉強をサッサと終わらせることに熱心でした。

当然、文章をじっくり読むことが苦手、文字も乱雑に書いてしまっていました。

そのT君が、みずから編み出したある勉強法で、成績がアップし、以前よりも落ち着いて勉強する子になっていったのです!

漢字テスト成績を飛躍的にアップさせた秘技!

それは、漢字のよみがなを書く問題です。小学校2年生の問題で、読み方はうすい字で印刷されており、その字を”なぞる”ようになっています。

あるときT君は、この”なぞり”をしないで、うすい字の横に、同じひらがなを並べて書くようになったのです。

学研T君の回答

不思議!漢字の間違いが激減!

しばらくすると、T君の漢字の間違いが減っていき、国語の成績も100点が増えていきました。おそらく、『機械的になぞっていた(鉛筆の色をつけていた)だけの勉強法』から、『自分の目と頭で考えて書き込む』勉強法に変わったことが、学習効果を飛躍的に高めたのでしょう。

こうなるとT君も面白くなったのか、以前よりも字がていねいになり、勉強にも集中できるようになっていったのです。

他の子も、中学生までもが真似しだしたT君のすご技

今では、学研はやぶさ教室に通う多くの子どもたちが、T君のすご技を真似するようになりました。

そして、T君の噂は、夜間部の中学生達にも伝わることとなり、中学生達も、自分で工夫する勉強法が大切なのだと気づき始めたようです!

投稿者プロフィール

学研はやぶさ教室
学研はやぶさ教室
『算数の文章題や図形が苦手』『字が汚くなってきた』の要注意信号が出たら、今すぐ佐賀市モラージュ北の学研はやぶさ教室へ。無料体験受付中!

学研はやぶさ教室 無料体験のお申込み

診断テストのあと、2回の教室学習が出来ます。お子さまの様子をみながらご入会を検討いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください