Excelの豆知識 いまさら聞けない小技集

20181226Excel豆知識小技アイキャッチ

Microsoft Excel(エクセル)の豆知識です。今回は、知っているようで意外に知らない「Excelの小技集」です。

数字は半角のみ?

日本語入力モード(日本語入力システムがオン)で入力すると、その文字は、基本的に「全角」となります。英数字モード(日本語入力システムがオフ)で入力された文字は、基本的に「半角」ですね。

漢字、ひらがな などの日本語文字は全角文字しかありませんが、英字、数字、一部の記号は、全角文字と半角文字の2種類があります。入力した文字が、全角か半角かのどちらになるかは、文字の幅がおおよそ判断できますが、文字フォントによっては判別しにくいものもあります。

エクセルで計算式や関数のデータとして使用できるのは、半角数字のみです。ですから、原則として数字は半角で入力するようにしてください。

漢字変換のコツ

大切な文節移動のテクニック

変換する文節を移動するには、キーボードの方向キー「←」、「→」で行います。

「街路の銀杏が色づく。」という文章の漢字変換方法をご説明します。

  • 「がいろのいちょうがいろづく。」と入力して、漢字変換するために「スペース」キーを押す
    20181226ひらがな入力直後
  • 「街路のいちょうが色づく。」と変換されました。
    20181226変換直後
  • 「→」キーを押すと、太い下線が「街路の」から「いちょうが」に移動しました。
    20181226太下線移動
  • ここで再度「スペース」キーを押すと、「いちょうが」が「銀杏が」に変換されました。
    20181226再変換
  • 「Enter」キーを押して確定します。

実践!文節移動の練習問題

  • 私は千恵子です → 私は千枝子です → 私は知恵子です
  • かわいい猫 → かわいいネコ → かわいいねこ
  • たくさんの機会がある → たくさんの機械がある
  • 彼が来るまで寝ています → 彼が車で寝ています
  • 明日選挙区が決まる → 明日選曲が決まる
  • ここがその境界だ → ここがその教会だ

ここがポイント!文節区切りの調整

「スペース」キーを押して変換しても、必ず意図したとおりの漢字になるとは限りません。日本語には「同音異義語」がたくさんありますからね!
そこで、変換するための文節区切りを調整し直す必要があります。この操作は、「Shift」キー(シフトキー)を押しながら方向キー「←」・「→」で行います。

「ここで履物を脱いでください。」という文章を例に説明しましょう。

〇 正しい文節区切り 「ここで/はきものを/ぬいで/ください」

× 間違った文節区切り 「ここでは/きものを/ぬいで/ください」

  • 「ここではきものをぬいでください。」と入力して、漢字変換するために「スペース」キーを押す
  • 「ここでは着物を脱いでください」と変換されてしまいました。
  • 文節区切りが「ここでは」と長過ぎるので、「Shift」キーを押しながら「←」キーを押し、「ここで」で区切ります。
  • 「→」キーを押し、変換候補を右に移動します。
    「Shift」キーを押しながら「→」キーを数回押し、文節区切りを「きものを」にします。
    再度、「スペース」キーを押すと、「着物を」と変換されました。
    「Enter」キーを押して確定します。

実践! 文節区切りの練習問題

  • 手荷物 ←→ 手に持つ
  • 浅い眠り ←→ 朝居眠り
  • 学校へ行こう ←→ 学校閉校
  • 彼は梨が好き ←→ 彼話しが好き
  • 今日中に食べる ←→ 教授ウニ食べる
  • 明日で書ける ←→ 明日出かける
  • 風の福岡 ←→ 風の吹く丘
  • 江戸が沸く祭り ←→ 江戸川区祭り
  • 歯は強い ←→ 母強い
  • 会社概要 ←→ 会社が異様
  • 熊本バス ←→ 熊も飛ばす
  • 菓子店と ←→ 貸しテント
  • なお期日は、 ←→ 直樹実は、
  • 山田とはまだ組まない ←→ 山田と浜田組まない
  • だいぶ使ったからお金がない ←→ 大仏買ったからお金がない

入力したはずの全角数字 なぜ勝手に半角に!?

セルに入力した数字は、自動的に半角に変換されます。これは、エクセルが計算する場合、半角数字(数値)のみを対象とするからで、異常ではなく、正しいことなのです。

”15人”や”1000円”、”10個”などと、文字と組み合わせれば全角の数字を入力することは可能です。しかしその場合、「=1000円×15人」といった計算は出来なくなってしまいます。
全角の数字で表示させたい場合でも、半角の数字だけ入力しておいて、あとから「セルの書式設定」の「表示形式」機能を使えば、見た目を全角数字で表示させることができます。

超便利!ファンクションキーを使った変換

キーボードの上部には、「F1」から「F12」までの「ファンクションキー」がずらりと並んでいます。日本語入力モード(日本語入力システムがオン)の場合、「スペース」キーや「変換」キーを使わず、ファンクションキーを使うことで、便利で早い変換が可能な場合も少なくありません。

  • 「F5キー」(部首名変換)
    部首名をひらがな入力して「F5キー」を押すと、IMEパッドという日本語変換ツールが起動します。
    20181226F5キー①
    20181226F5キー②
  • 「F6キー」(ひらがな変換)
    漢字やカタカナなどが未確定の場合、「F6キー」を押すと、ひらがなに変換されます。
  • 「F7キー」(全角カタカナ変換)便利!
    ひらがな入力後、「F7キー」を押すと、全角カタカナに変換されます。「F7キー」を連打すると、最後尾の文字からひらがなに戻っていき、再びカタカナになります。
  • 「F8キー」(半角カタカナ変換)
    ひらがな入力後、「F8キー」を押すと、半角カタカナに変換されます。「F8キー」を連打すると、最後尾の文字から(全角の)ひらがなに戻っていき、再び半角カタカナになります。
  • 「F9キー」(全角英数字変換)
    英数字入力後、「F9キー」を押すと、全角小文字の英数字に変換されます。「F9キー」を連打すると、全角大文字の英数字→先頭文字のみ全角大文字+2文字目以降全角小文字の英数字→全角小文字の英数字、を繰り返します。
  • 「F10キー」(半角英数字変換)便利!
    英数字入力後、「F10キー」を押すと、半角小文字の英数字に変換されます。「F10キー」を連打すると、半角大文字の英数字→先頭文字のみ半角大文字+2文字目以降半角小文字の英数字→半角小文字の英数字、を繰り返します。

セルからはみ出た部分のデータ修正

セルからはみ出た部分は、一見、隣のセルに入力されているように見えます。この、はみ出た部分の修正をしようとして、その部分を直接ダブルクリックすると、実は、隣のセルが修正の対象となってしまいます。

20181226はみ出したデータ①

20181226はみ出したデータ②

このような場合は、いったんセルA1内でダブルクリックし、その後、マウスか方向キーを使って、目的の位置にカーソルを移動したのち、修正してください。

20181226はみ出したデータ③

20181226はみ出したデータ④

元に戻す・やり直し

画面左上にあるクイックアクセスツールバーの「元に戻す」ボタンを押すと、ボタンをクリックするたびに操作の履歴がたどられ、操作前の状態に戻していくことができます。また、操作を戻しすぎてしまったときに使用する「やり直し」ボタンもあります。

20181226元に戻す

「元に戻す」と「やり直し」のどちらのボタンにもある右側の「▼」をクリックすると、一度に何手順も操作を元に戻したり、やり直すことができます。

こちらも覚えたい!ショートカットキー

  • 元に戻す 「Ctrl」+「z」
  • やり直し 「Ctrl」+「y」

複数のセルデータの一括削除が出来ない!

複数のセルを範囲選択し一括削除したくても、思うように消えてくれないことがあります。

この原因は、文字削除に「Backspace」キー(バックスペースキー)を使っておられることです。本来の「削除」ボタンは「Delete」キー(デリートキー)です。エクセルの場合、データは出来るだけ「Delete」キーを使うようにしてください。

20181226複数セル削除①

20181226複数セル削除③

20181226複数セル削除②

数字を入力したら勝手に「〇月〇日」という日付データに!

一度 日付を入力したセルには、自動的に日付の表示形式が設定されます。気の利く便利な機能ですね。ところがこの表示形式、Deleteキーでデータを削除して空白セルにしたとしても、設定だけが残り続るのです。そのセルに、数値データを入力すると強制的に日付データに変更されるのはこのためです。目に見えない設定なので厄介ですよね!

20181226日付の表示形式①

20181226日付の表示形式②

20181226日付の表示形式③

20181226日付の表示形式③

20181226日付の表示形式⑤

20181226日付の表示形式⑥

この誤った表示形式を解除したい場合は、対象のセルを選択して「ホーム」タブの「表示形式」ボックスの▼をクリックして「標準」を選びます。

20181226日付の表示形式⑦

20181226日付の表示形式⑧


パソコンの豆知識

Wordの豆知識

Excelの豆知識

ズバリ!MOS試験合格講座の受講申し込み受付中!

2時間でMOS試験合格のキモが学べます。オンラインなので全国どこでもOK!
◎ズバリ!MOS試験合格講座 9,000円(税別)
2時間講座では不安な方には、オプションの「MOS試験完全マスター講座」10,000円(税別)も!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください