Excelの豆知識 画面操作も自由自在「スクロール」と「セルの移動」

20181224セルの移動アイキャッチ

Microsoft Excel(エクセル)の豆知識です。今回は、「画面のスクロール」と「セルの移動」の裏技についてご紹介します。

画面のスクロールとは?

Excelのワークシートは、縦1,048,576行、横16,384列もの、巨大な表です。表示されている部分はその一部分に過ぎません。自分が見たい部分にサクッと動かせるようになりたいものです。この、表示される部分を動かす操作のことを「スクロール」と言います。スクロールは、縦方向に動かす垂直スクロールと、横方向に動かす水平スクロールがあります。

20181222スクロール

ボタンによる上下(垂直)方向のスクロール

画面右側にある垂直スクロールバーの上向き△ボタン、または下向き▽ボタンをクリックすると、1行分ずつ上下移動します。入力した文字が画面から消えてしまっても、これは隠れただけで、データが消えてしまったわけではありません。

20181222上向きスクロールボタン   20181222下向きスクロールボタン

ボタンを利用した横(水平)方向のスクロール

画面下部にある水平スクロールバーの右向きボタン、または左向きボタンをクリックすると、1列分ずつ左右移動します。

20181222左向きスクロールボタン   20181222右向きスクロールボタン

スクロールバーのボックスを利用した垂直・水平スクロール

スクロールバーにあるボックスをドラッグする方法です。三角のスクロールボタンをクリックするよりも大きな距離を移動できますので、素早く動かしたいときに便利です。ただし、データが入力されていない部分までスクロールすることは出来ません。

20181222スクロールボックス

マウスを使った垂直スクロール

マウスのスクロールホイールを前後に動かすことで、ワークシートを垂直方向にスクロールすることができます。

20181220マウスホイール

ショートカットキーを使ったワークシートの垂直スクロール

  • 上方向にスクロール
    キーボードの「PageUpキー」(ページアップキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
    20181222ページアップキー
  • 下方向にスクロール
    キーボードの「PageDownキー」(ページダウンキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
    20181222ページダウンキー

ショートカットキーを使った画面の水平スクロール

  • 右方向にスクロール
    キーボードの「Altキー」(オルトキー)を押しながら「PageDownキー」(ページダウンキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
    20181222オルトページダウンキー
  • 左方向にスクロール
    キーボードの「Altキー」(オルトキー)を押しながら「PageUpキー」(ページアップキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
    20181222オルトページアップキー

ワークシートをズームする

画面をズームして表示するには、画面右下のズームスライダーを使用します。この拡大・縮小の効果は画面の表示上だけのものです。実際に印刷したときの大きさとは関係ありません。

ズームスライダーによる拡大・縮小

画面右下にあるズームスライダーの[+]をクリックすると10%ずつ拡大され、[―]をクリックすると10%ずつ縮小していきます。中央部のスライダーそのものをドラッグすることで、自由な倍率で拡大・縮小できます。

20181220ズームスライダーの説明

ボタンを利用した拡大・縮小

[表示]タブの[ズーム]グループの「ズーム」ボタン、「100%」ボタン、「選択範囲に合わせて拡大/縮小」ボタンなどが利用できます。

マウスを使った拡大・縮小

Ctrlキー(コントロールキー)を押しながら、マウスホイールを前後に回転させることで拡大・縮小ができます。

20181220マウスを使った拡大・縮小

エクセルマスター必須!「セルの移動」法

アクティブセルを上下左右に移動

移動させたいセルをマウスでクリックするか、キーボードの方向キーを使ってアクティブセル(文字や数字が入力されるキー)を移動させます。方向キーを押すごとに押したキーの向きに1つずつアクティブセルが移動します。

20181222方向キー

アクティブセルを右に移動

キーボードの「Tabキー」(タブキー)を押すと、アクティブセルは一つ右に移動します。

20181222タブキー

アクティブセルを左に移動

キーボードの「Shiftキー」(シフトキー)を押しながら「Tabキー」(タブキー)を押すと、アクティブセルは一つ左に移動します。

20181222シフトタブキー

アクティブセルを下に移動

キーボードの「Enterキー」(エンターキー)を押すと、アクティブセルは下に移動します。

20181222エンターキー

アクティブセルを上に移動

キーボードの「Shiftキー」(シフトキー)を押しながら「Enterキー」(エンターキー)を押すと、アクティブセルは上に移動します。

20181222シフトエンターキー

アクティブセルを行の左端(A列)にジャンプ

アクティブセルを、その同じ行の左端(A列)に一気にジャンプさせるには、キーボードの「Homeキー」(ホームキー)を押します。

20181222ホームキー

アクティブセルを「A1」にジャンプ

アクティブセルを、A1に一気にジャンプさせるには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら「Homeキー」(ホームキー)を押します。

20181222コントロールホームキー

データ範囲の最後のセルにジャンプ

データ入力中、そのエリアの最後のセルにジャンプするには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら「Endキー」(エンドキー)を押します。

20181222コントロールエンドキー

データ範囲の先頭行、末尾行、先頭列、末尾列にジャンプ
アクティブセルを、現在のデータ範囲の先頭行、末尾行、先頭列、末尾列にジャンプさせるには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら、「↑」「↓」「←」「→」などの方向キーを押します。

20181222コントロール方向キー


パソコンの豆知識

Wordの豆知識

Excelの豆知識

 

ズバリ!MOS試験合格講座の受講申し込み受付中!

2時間でMOS試験合格のキモが学べます。オンラインなので全国どこでもOK!
◎ズバリ!MOS試験合格講座 9,000円(税別)
2時間講座では不安な方には、オプションの「MOS試験完全マスター講座」10,000円(税別)も!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください